ゴーグルの選び方とレンズカラーの違い - HOW TO SKI

ゴーグルの選び方とレンズカラーの違い

ゴーグルの選び方
レンズのカラーの違い

(音が出ます。ご注意下さい。)

 

 

 

 

ゴーグルの必要性

 

ロ雪山、スキーを楽しむ為には
ゴーグルは必需品です。

ゴーグルは雪山のまぶしさを
和らげるだけでなく
紫外線から目を守る役割もあります。

雪山の光は決して目にはよくありません。
ゴーグルをつけずに雪山にいることは
非常に危険です。

また
吹雪や雨の時はゴーグルがないと
雪や雨が目に入ってきて
視界がさえぎられ大変危険です。
またごみや異物からも目を守ってくれるので
ゴーグルは装着しましょう。

 

 

ゴーグルの選び方

まずはフィット感
選ぶ時の目安としては
鼻に当たる部分がフィットしているか!
隙間が空いていると自分の吐いた域が
ゴーグル内に進入し
曇りの原因となります。
また店頭にてご試着の際は
出来るだけスキーをするときに
使うヘルメット、キャップ、ニット帽など被り
試着してみてください。

 

 

レンズカラーの違い

オレンジ系
○一番オーソドックスなカラー
○晴天時、曇天時どちらも使えるオールマイティーレンズ

ピンク系
○オレンジ同様オールマイティーなレンズ
○オレンジにくらべやや暗めになるので
オレンジよりも晴天時向け

グレー、スモーク系
○着色が薄めである為視界が広い
○オレンジ、ピンク系よりもさらに晴天時向き
ナイターや曇天時は比較的不向き

ブルー系
○グレー、クリア系よりもより晴天時向き
○夕暮れ、ナイター時は不向き

クリアー系
○色のないレンズ
○夕暮れ、ナイター時には裸眼に近いため
十分な視界が得られる

偏光レンズ
雪面からの乱反射を防ぎ
自然光を取り入れ
コンストラストをはっきりと見えるようにする
特殊レンズ

調光レンズ
紫外線の量で色が変化するレンズ
紫外線が多い場合は色が濃くなり
少ない場合はクリアに近くなる
晴天時、曇天時の併用ができるが
薄い→濃いの変化に比べ
濃い→薄いの変化は逆の場合に比べ
時間がかかるため注意が必要、
明るさではではなく紫外線量で変わるのも
お忘れなく

 

様々なゴーグルがございます。
日々進化もしておりますので
ゴーグル選びに悩んだ時は
スタッフまでお気軽にお尋ね下さい

 

 

  • HOW TO SKI

    今更聞けないあんなこと、こんなこと

  • タナベスポーツ公式YouTubeチャンネル

    タナベスポーツ公式チャンネル

  • HOW TO SKI

    タナベスポーツ公式
    フェイスブック

  • HOW TO SKI

    タナベスポーツご案内状
    お申込み