2017-2018 NEW MODEL SKI スタッフ試乗レポート『OGASAKA』 - 新着情報

2017-2018 NEW MODEL SKI スタッフ試乗レポート『OGASAKA』

2016-2017 NEW MODEL タナベスタッフ試乗レポート「OGASAKA」

04/15更新!

17-18 ニューモデルスキー
試乗レポート

「OGASAKA/オガサカ」

 

モールド変更

フルサンドウィッチに変更

新素材投入

などなど

モデル名は
同じでも
フルモデル級に
かなり乗り味の変わった
モデル多数!

モデル名が同じ分
乗って見ないとわからない?
乗って見て違いのわかる?
スキーとなっています。

 

 

 

タナベスポーツ試乗スタッフ

タナベスポーツ試乗スタッフ 元レーサー 元学生レーサー
まだまだレーサー!20代
タナベスポーツ試乗スタッフ 1級所持 1級所持。
学生時代からスキー大好き!40代
タナベスポーツ試乗スタッフ 1級程度 1級所持。
ブーツチューンはおまかせ!40代、
タナベスポーツ試乗スタッフ 1級所持 1級所持。
試乗数ならタナベNo.1!40代
タナベスポーツ試乗スタッフ 1級所持 テクニカル所持。
スキーの上手さならタナベ1?20代
タナベスポーツ試乗スタッフ 女性1級所持 1級所持。(女性)
スキー大好き!??代
タナベスポーツ試乗スタッフ 2級程度 2級程度。
家族スキー中心!40代
タナベスポーツ試乗スタッフ 元レーサー 元学生レーサー
レースは卒業、技術は一流?20代

 

 

 

17_18_ogasaka_SL
SL
タナベスポーツ試乗スタッフテクニカル所持 エッジが雪面を捉える感覚がよく分かる。
シャープにもマイルドにも滑ることができるコントロールし易いスキー。
試乗サイズ 165cm
 / 自己評価70点
タナベスポーツ試乗スタッフ1級所持 16-17モデルのモールドとバランスを変更し
新素材を使いトップの「安定性」「捉え」を良くしてた事により、
非常に「安定感」「剛性」が強くなった様におもいます。
剛性が強くなったとはいえ「回転性」の高いスキーだと思います。
「TC-SC」よりも乗りやすく感じました。
タナベスポーツ試乗スタッフ1級所持 SLのスキーの中では非常にマイルドで乗り易いスキーに感じるグリップ感も程よくて、
ガンガンの競技用よりも優しいので乗り易い
試乗サイズ 165cm / 自己採点:80点

 

 

 

17_18_ogasaka_S
S
タナベスポーツ試乗スタッフ1級所持 新しいモールドになり
従来通りメタルを「SL」より1枚抜いたソフトバージョンです。
「軽量」で取り回し」のし易い「SL入門」モデルの楽チンSLモデルです。

 

 

 

17_18_KS-CX
KS-CX
タナベスポーツ試乗スタッフ1級所持 先シーズンまでの『LD』の進化モデルで「LD」と同じく細身で軽く扱いやすいスキーです。
スキーのコンセプトとしてはメーカーさんいわく1級を目指す方にオススメの1台だそうです。
スキーに「乗らされている」のではなく、
「スキーに乗っている」「スキーを操っている」感覚が持てるスキーです。
タナベスポーツ試乗スタッフ2級程度 軽くてたわみもすぐ出るのでキュンキュン回る。
コブが苦手な人やこれから2級を目指したい人に合いそう。自分に合ってる感じ。
試乗サイズ 160cm / 自己採点:95点

 

 

 

17_18_ogasaka_KS-RX + FL585
KS-RX + FL585プレート
タナベスポーツ試乗スタッフ1級所持 従来の『LS』などと比べると全体的に「細く」なっています。
先シーズンまでの「5%ロッカー」を無くし
16-17モデルの「TCシリーズ」と同じロッカータイプなり
小回りが非常にやりやすくなりオールラウンド性が高くなり
17-18シーズンオガサカ1推しモデルになると思います。
タナベスポーツ試乗スタッフ元レーサー クセが少なく扱い易い。
コブに入った時にも邪魔される感覚が少なくてスムーズにコントロールする事が出来た
。トップのコントロール性◎
試乗サイズ 165cm / 自己採点:70点
タナベスポーツ試乗スタッフ2級程度 プレートがどっしりと重たくたわみを出しにくかった。車で例えるとオートマではなくマニュアル感があって中級者にはやや難しいスキーに感じた。逆にチロリアPRD12は具合良かった。
試乗サイズ 165cm / 自己採点:80点

 

 

 

17_18_ogasaka_KS-RX + PRD12
KS-RX + PRD12
タナベスポーツ試乗スタッフ元レーサー 全体的にしなやかで、重量もそんなに感じない
トップとテールは特にソフトな感じがありコブで使いやすかった。
試乗サイズ 165cm / 自己採点85点
タナベスポーツ試乗スタッフ2級程度 昨今のオールラウンドスキーに定番のウエスト幅が70mm以上なく68mmなので回転性能があって切り替えがしやすいので小回りがしやすい。
どこでも使えそうなマルチな雰囲気があって良かった。
試乗サイズ 165cm / 自己採点:90点

 

 

 

17_18_ogasaka_KS-TX
KS-TX
タナベスポーツ試乗スタッフ1級所持 『KS-CX』の下位モデルで
モールドは同じでメタルを抜き
「ユニティー3」と同じ軽量のコアを使い取り回しのし易いスキー。
メーカーさんいわく「2級」を狙う方にオススメのモデルです。

 

 

 

17_18_ogasaka_TC-MC + FL585
TC-MC + FL585
タナベスポーツ試乗スタッフ1級所持 16-17モデル「TCシリーズ」「MH」の後継版です。
モールドも変更され、メタルも若干厚くなり、
何より構造が「フルサンドウィッチ」に変更されました。
「たわみ」がしっかり出るようにした分、メタルを若干厚くして「安定性」を良くし、
小回りがしやすくなったイメージが強いミドルターン用スキーです。
なかなか良いカンジ!
タナベスポーツ試乗スタッフ元レーサー 安定感抜群で操作性が高い。
大回りから小回りにシフトチェンジしていく時でもしっかりと反応して付いてきてくれる
試乗サイズ 172cm / 自己採点:80点
タナベスポーツ試乗スタッフ2級程度 エッジングがとて早い
。まったりマイルドな感じがあらゆる斜面に対応できそう。
中級者にとっては板とプレートがしっかりしてるのでやや難しい感じ。
試乗サイズ 172cm / 自己採点:85点

 

 

 

17_18_ogasaka_TC-SC + FL585
TC-SC + FL585
タナベスポーツ試乗スタッフ元レーサー 競技用までの硬さはないが、それに近いくらいの硬さと重量がある。
レベルの高い上級モデル。
試乗サイズ 165cm / 自己採点90点
タナベスポーツ試乗スタッフ1級所持 16-17モデルと違い「フルサンドウィッチ」になり、
モールドも変わり全体的に「剛性」「バランス」を変えたスキーになってます。
16-17モデルよりもしっかりしたスキーになったので
乗り手によっては先シーズンモデルの方が乗りやすさを感じるかもしれません。
メーカーさんいわく、技術選などでスキーの後半の走りを出す為に作られたモデルだそうです。
タナベスポーツ試乗スタッフ元レーサー ケオッズシリーズも悪くないが、板の走りを取るならこの一台!
スイングウェイトは軽く、ターン後半にはしっかりと板が走ります。
試乗サイズ 165cm / 自己採点:80点
タナベスポーツ試乗スタッフ1級所持 オガサカらしい滑らかで癖のないショートターンベースのスキー、
少し重い感じがした上級スキーヤー向けスキー
試乗サイズ 165cm / 点数:80点
タナベスポーツ試乗スタッフ2級程度 板がどんどん下へ下へ走ります。
ターン後半からターン前半の切り替え時にターボーチャージャーを搭載しているかのような加速がすごく素晴らしい。
エッジンググリップを簡単に足元に提供してくれて安心して板を落としていけました。
試乗サイズ 165cm / 自己採点:95点

 

 

 

各スタッフのレポートが上がり次第
随時追加更新予定です。

6月(予定)には
デモスキーヤーの方々の
コメントも掲載予定ですので
お見逃しなく!!

このページのTOPにもどる

 

 

 

HOW TO SKI
2017-2018モデル
タナベスタップ試乗レポ集

 

 

  • タナベスポーツ公式YouTubeチャンネル

    タナベスポーツ公式チャンネル

  • HOW TO SKI

    タナベスポーツ公式
    フェイスブック

  • HOW TO SKI

    今更聞けないあんなこと、こんなこと

  • HOW TO SKI

    タナベスポーツご案内状
    お申込み