2019-2020 DYNASTAR(ディナスター) スタッフ試乗レポート - 19-20 オススメNEWモデル

スキー板TOP

2019-2020 DYNASTAR(ディナスター) スタッフ試乗レポート

2019-2020 NEW MODEL タナベスタッフ試乗レポート「DYNASTAR」

 

 

 19-20

 ニューモデルスキー

 試乗レポート

【DYNASTAR/ディナスター】

 

 

 

試乗レポートTOPページ

 

 

 

SPEED WC FIS SL

SPEED WC FIS SL

LENGTH
157/167
SIDECUT
116-66-102
116-67-103
RADIUS
12/13
総合評価3
  • キレ 5
  • 操作性 3
  • 重量感 4
  • 剛性 5
  • 安定感 5

165㎝試乗
パワードライブによる、エッジグリップのブレのなさとは目を見張るものがあり、しっかりグリップする板だと感じました。
サンドイッチ構造の良さが全面的にでている。
ロシニョールのSLと違いしっかりグリップさせたい選手にお勧めの一台。

総合評価5
  • キレ 5
  • 操作性 4
  • 重量感 2
  • 剛性 5
  • 安定感 5

165 ㎝試乗
正直、デザイン変更以外どこが変わったか分からない板(悪い意味ではない)。デザインも変わってないのでは…。
ロシニュールのような画期的な振動吸収デバイスを搭載していない板(パワードライブは搭載)であるが、変な振動はなくチップロッカーも相まって軽快そのもの。去年のタイプをいぶし銀の板と表現したが、いぶし度合いが更に熟成といったところか。円熟の極みである。

総合評価4
  • キレ 4
  • 操作性 4
  • 重量感 4
  • 剛性 5
  • 安定感 4

167㎝試乗
FIS対応モデルでしたが、操作性が高く、安定感のある小回りが出来る一台でした。

SPEED MASTER SL (R22)

SPEED MASTER SL (R22)

LENGTH
158/163/168/173
SIDECUT
121-67-105
RADIUS
13
総合評価4
  • キレ 4
  • 操作性 4
  • 重量感 3.5
  • 剛性 3.5
  • 安定感 4.5

160 ㎝試乗
滑らかなターンが出来る板で、特に感じるのは雪面コンタクトがとても繊細。
エッジからエッジに移るタイミングでも常に接雪しているので安定したターンが出来るのがとても魅力的。板の重さも殆ど感じず、スムーズに滑り降りることが出来た

ディナスター(DYNASTAR)スキー
在庫豊富にございます!
ぜひご来店を!!

NEWモデルスキー&OLDモデルスキー 合わせて10,000本

レーシング、デモ、フリースタイル、
あらゆるジャンルのスキーが勢ぞろい!
豊富な知識を持ったスタッフが
お客様の滑りのタイプ、
滑りのシチュエーション、ご要望を加味し、
最適なスキーをご提案させていただきます。

1F/スキー板フロアガイド