バックカントリースキーに欠かせない「シール」について - HOW TO SKI

バックカントリースキーに欠かせない「シール」について

タナベスポーツスキーお役立ち情報

 

 

 

バックカントリースキーに欠かせない「シール」について

 

 

 

 

 

 

タナベスポーツお役立ち情報コーナー

はい、こんにちは、今回はバックカントリースキーのシールについて説明したいと思います。

まずバックカントリーとはなんぞや、というとこなんですが、こういったリフトのかかってない、大自然の中を滑ったり、登ったりすることをバックカントリーといます。

その時に登ったりしなきゃいけないんですね、ですからこういってスキーブーツ、スキー板を履いたまま、雪山を登る、そのために必要な滑走面の裏に貼る、

この水色の部分ですね、こういったのをシールといます。

じゃあ、何で登れるのといいますと、このシール毛並みになってまして、上から下にこう撫でると毛が順目なので、すべすべなんですね、でも逆、下から上にあげようとすると、

毛が逆目になりますので、これがブレーキになって滑らないということ、まあこういったスキーが上からこう下に滑る時は滑るんですけど、登る時はこういきますよね、

逆にこっちに滑っちゃいますよね、その時にこの逆目がしっかりブレーキになって、雪山を登れると、そういうためにつけるのが、このシールなんです。

まあ単純にこういった短縮版で説明しますと、もともとこういう滑走面があります。これ省略して短くしてますよね。

こういう滑走面に登ろうという時だけ、シールを装着して、この裏には糊がついてますから、糊でしっかりはります。

そして、後ろのスキーのテールの部分をおいて、しっかり引っ掛けて、留めてあげるんですね。

前と後ろを止めて、このシールは裏面が糊になってますから、歪まないようになっているのが、シールの特徴です。

はい、こちらの方に各それぞれシールメーカーさんがあります。

POMOCA コールテックス  k2それぞれですね、特徴がありますが、例えばこの引っ掛ける部分の形が違うとか、POMOCAだとこういう形ですね。

はい、とかとか色々種類がありますので、それは用途に応じてスタッフに聞いてもらえればと思います。

はい、是非皆さんもバックカントリーを挑戦してこのシールを使ってみましょう。

以上シールの説明でした。

年中スキー用品専門店タナベスポーツへ是非ご来店ください。

 

 

 

お役立ち情報TOPへ
タナベスポーツスキーお役立ち情報