2020-2021 ATOMIC(アトミック)スタッフ試乗レポート -

スキー板TOP

2020-2021 ATOMIC(アトミック)スタッフ試乗レポート

2020-2021 NEW MODEL タナベスタッフ試乗レポート「ATOMIC」

 

 

 

 20-21

 ニューモデルスキー

 試乗レポート

【ATOMIC/アトミック】

 

 

 

タナベスポーツWEBショップ「ATOMIC」

 

 

 

20-21試乗レポートTOP
2020-2021NEW MODEL 試乗レポート

 

 

 

アトミックブーツはコチラ
アトミックブーツはコチラ

 

 

 

REDSTER G9 RS
オンラインショップでさらに詳しく

REDSTER G9 RS
LENGTH
176/183/190
SIDECUT
106.5-67-90/105-67.5-89
104-68-89
RADIUS
21/24/27.5
総合評価4.5
  • キレ 4.5
  • 安定感 4.5
  • 剛性 4.5
  • 重量感 4
  • 操作性 4

183cm試乗
ハードバーンで試乗したが、文句なしの安定感、エッジグリップがあった。
GSスキーにしてはしなりも感じ安く、扱いやすい印象
エキスパート大回り、マスターズの方にも使って頂けるスキー。

総合評価4.5
  • キレ 4.5
  • 安定感 4.5
  • 剛性 4
  • 重量感 4
  • 操作性 4.5

183㎝試乗
非常に軽くて操作がしやすかったです。やはり競技スキーだけあってグリップ力が良くスキーがどんどん下に走ろうとするのが印象的です。
マスター用のラディウス24m前後の中ではかなり扱いやすい方ではないでしょうか。競技用スキーだけど軽さが一番の特徴でした。

総合評価5
  • キレ 5
  • 安定感 4.5
  • 剛性 4
  • 重量感 4
  • 操作性 5

183㎝試乗
圧をかけた時のレスポンスが早く、ターン時にここでグリップしたい!というときにしっかりグリップしてくれる。抜けもよく、次のターンの準備を余裕をもってできる。非常に扱いやすくバランスの取れたスキー。

総合評価4.5
  • キレ 4.5
  • 安定感 5
  • 剛性 4
  • 重量感 4.5
  • 操作性 5

183㎝試乗
GSの板と感じさせないくらい操作しやすく、長い板だからといって身構えることなく滑ることが出来る板!雪面の捉えが非常に良く、滑走中はどんな場面でも抜群の安定感を感じた。あまり硬さも感じず、自分の思ったラインに進むことが出来る一台。

REDSTER S9 FIS M
オンラインショップでさらに詳しく

REDSTER S9 FIS M
LENGTH
165
SIDECUT
-
RADIUS
12.5
総合評価5
  • キレ 5
  • 安定感 5
  • 剛性 5
  • 重量感 1
  • 操作性 5

165㎝試乗
外見上はデザイン変更のみであるが、実際に試乗してみると、明らかに違いがある。19-20モデルよりも軽快で、操作性が向上している。
20-21シーズンのアトミックは、トップシートが1.2mm→0.5mmと薄くなり、反面ウッドコアが0.7mm厚くなった。
また独自開発のダブルボンディングというW-CUPで採用されている新しい接着方法により、弾力性を確保しつつ、スムーズなリバウンドとフレックスを実現できたとのことなので、その恩恵が大きいと想像する。
真のスラローマーの興奮が止まない最新鋭機の登場である。

REDSTER X9i
オンラインショップでさらに詳しく

REDSTER X9i
LENGTH
168/174/180
SIDECUT
113-65.5-98.5/114-65.5-99.5
115-65.5-100.5
RADIUS
14.6/15.4/16.2
総合評価0
  • キレ 0
  • 安定感 0
  • 剛性 0
  • 重量感 0
  • 操作性 0

評価値:なし
「X9S」と同じサイドカーブ、パラレルスラロームから発展したスキーと同じになっている。
トップシートが0.7mm薄くなり、ボンド(接着剤)の素材も変わったことでしなやかになった。
またサイドウォールが変更になっている。温度変化にも強くなった。19-20モデルより優しくなった印象が強い。
気持ちよくカービングしたい人にもってこいのスキー。

総合評価4
  • キレ 4
  • 安定感 4
  • 剛性 4
  • 重量感 3.5
  • 操作性 4

168㎝試乗
「X9S」にくらべると少ししっかりとしている感じで「X9S」同様扱いやすい
どっちかというと、「X9i」のほうが安定感もありおすすめ!

総合評価4
  • キレ 3
  • 安定感 4
  • 剛性 3
  • 重量感 3
  • 操作性 3

168㎝試乗
昨年の「REDSATER G9i」の後継機。「REDSTER X9S(グリーン)」と似ているけど、比べると素材が違うので乗り味も違いました。
のっぺりとマイルドな感じに仕上がっていて、中回りベースのオールマイティーさを感じました。
どちらも走りやキレは良いですが、より洗練されているは「REDSTER X9S(グリーン)」。
「REDSATER X9i」はズラしや雪質の変化など幅広いシュチュエーションに対応してくれる感じがしました。

総合評価3.5
  • キレ 4
  • 安定感 3.5
  • 剛性 4
  • 重量感 4
  • 操作性 3.5

168㎝試乗
今季新たにラインナップされたパラレルスラロームモデル。程よいラディウスで快調にスキーを走らせることができる。
一度雪面をグリップするとズレることなくシャープなエッジングが可能。

総合評価4.5
  • キレ 4
  • 安定感 4.5
  • 剛性 4
  • 重量感 3
  • 操作性 4.5

165㎝試乗
昨年に比べしなやかさと軽快感がさらにアップした印象をうけた。安定感は十分に有るがどっしりした感じは無くスムーズにターン出来る。
中級者でも十分に乗りこなせる、「ザ☆オールラウンドスキー」。
ショートベースなので小回りでの軽快さは勿論、中回り、大回りも十分こなせる。

REDSTER X9 S
オンラインショップでさらに詳しく

REDSTER X9 S
LENGTH
169/175/181
SIDECUT
113-65.5-98.5/114-65.5-99.5
115-65.5-100.5
RADIUS
14.6/15.4/16.2
総合評価4
  • キレ 4
  • 安定感 3.5
  • 剛性 4
  • 重量感 3.5
  • 操作性 4

175㎝試乗
バランスがよく扱いやすい印象のスキー。
175cmを試乗したので、中回り~大回り向けのターンサイズ向けといった感じだが、サイズを下げると小回りにも使えるオールラウンドモデル。

総合評価5
  • キレ 4
  • 安定感 4
  • 剛性 3
  • 重量感 3
  • 操作性 5

175㎝試乗
めちゃくちゃ乗りやすい!サーボテック・システムにより方向づけがとてもしやすくて軽いです。
ラディウス15,4mなのですが小回りとまではいかないけど小回りに近い中回りまでできてします。
全体的にバランスがいいスキーとはこの板の事を言うのかなぁ。ゲレンデを優雅に滑りたい中上級スキーヤーにおすすめです。

総合評価4.5
  • キレ 4
  • 安定感 4.5
  • 剛性 4
  • 重量感 4
  • 操作性 4.5

175㎝試乗
ミドルラディウスながらクイックな操作も可能なことから、1台でなんでもできる万能スキー。
サイズラインナップは169,175,181があり、大回り用が欲しいがGSモデルは扱いが不安という方にもってこいの1台。

総合評価4.5
  • キレ 4
  • 安定感 4.5
  • 剛性 4
  • 重量感 3.5
  • 操作性 4.5

175㎝試乗
昨年同様隠れた名機的な存在のこの板、ロングターンベースですが強すぎず、滑らかに動いてくれるのでショートターンも楽々こなします。
安定感は有るが軽快で滑らか一度乗ると病みつきになるかもしれません。

総合評価4
  • キレ 4
  • 安定感 4
  • 剛性 3
  • 重量感 3
  • 操作性 4

169㎝試乗
デザインが変更となったX9S。
GSとSLの両方の良いところを合わせた性能で、169㎝:14.6m、175㎝:15.4mと、なかなか美味しいとこを狙った位置にある。
アトミックでは珍しくライムグリーンのカラーで、雪上に映えること請け合いである。競技用ではなく、一般用ではあるがサーボテックも搭載しており、アトミックの減衰効果能力を存分に楽しめる板に仕上がっている。

REDSTER S9
オンラインショップでさらに詳しく

REDSTER S9
LENGTH
153/159165/171
SIDECUT
115-68-101/116.5-68-102.5
118-68-104/119.5-68-105.5
RADIUS
11.5/12.1/12.7/13.3
総合評価4
  • キレ 4
  • 安定感 4
  • 剛性 4
  • 重量感 3
  • 操作性 4

165㎝試乗
デザイン変更のみとのことであるが、板と同じく真っ赤なウソである。他機と同じくサイドウォールは弾力性ある新素材に変更されており、もちろんダブルボンディング製法も採用されているので、中身は大きく進化し、戦闘力を増している。
素直なフレックスで競技入門者から使用可能な操作性を発揮。新型アトミックは外見以上に中身の進歩が大きく、真価を体験するには購入しかない!

REDSTER S9i PRO
オンラインショップでさらに詳しく

REDSTER S9i PRO
LENGTH
157/165
SIDECUT
113.5-66.3-100.5
117.5-65.8-102.5
RADIUS
12.7/12.5
総合評価0
  • キレ 0
  • 安定感 0
  • 剛性 0
  • 重量感 0
  • 操作性 0

評価値:なし
19-20モデルとの違いは接着材(ボンド)、トップシート、サイドウォールが変更になっている点とサーボテックが無くなった。
スラロームをソフトにした「S9 FIS」も乗ったけれど、かなりハードでレスポンスが強くて乗っていてキレがあって楽しい。
ただポールの中では難しい部分もるけれど、それを優しくした印象のスキー。
テクニカル以上。スラロームは基本ポールの中で動きがとれる人でないと乗れないスキー。

総合評価4
  • キレ 5
  • 安定感 5
  • 剛性 4.5
  • 重量感 5
  • 操作性 4

165㎝試乗
19-20モデルまで搭載されていた「サーボテック」が無くなり、機敏さが増したように感じる。
ずっしり重く安定感があるのに、強力なキレと走りによって次のターンまで最速で導いてくれる。

総合評価5
  • キレ 5
  • 安定感 5
  • 剛性 5
  • 重量感 1
  • 操作性 5

165㎝試乗
新型20-21モデルはサーボテックが無くなって再登場!初代と同じルックスとなったが、中身は別物である。赤くないSLと言っても遜色のない超高性能機。
この板に関しては、サーボテックが無いほうが敏感で、操作性に優れているように思う。仕様は競技用と同じでトップシートが0.5mmと薄くなった反面ウッドコアが0.7mm厚くなったり、また独自開発のダブルボンディング製法という新しい接着方法など共通事項が満載。
足元に戻ってくる速度も俊敏で、低速域からの操作性も高い。

REDSTER S9i
オンラインショップでさらに詳しく

REDSTER S9i
LENGTH
155/160/165/170
SIDECUT
115-68-101/116.5-68-102.5
118-68-104/119.5-68-105.5
RADIUS
11.5/12.1/12.7/13.3
総合評価0
  • キレ 0
  • 安定感 0
  • 剛性 0
  • 重量感 0
  • 操作性 0

評価値:なし
19-20モデルよりしなやかになって易しくなったイメージ。
変更されたボンド(接着剤)に弾力性があるのかレスポンスが良くなった。でも素材が硬いわけではないので、強烈なスラロームのようなレスポンス、跳ね返りがあるわけではない。
程よい跳ね返りがあるので失敗しにくいスキー。総合的にやさしい。

総合評価4
  • キレ 4
  • 安定感 4
  • 剛性 3
  • 重量感 3
  • 操作性 4

165㎝試乗
デザイン変更のみとのことであるが、他機と同じくサイドウォールは弾力性ある新素材に変更されている。もちろんダブルボンディング製法も採用されている。
赤い競技用とは異なり味付けはマイルドで、どんな雪質やバーンでも高い操作性と振動吸収性を発揮している。正に真のオールラウンダーといったところ。
アトミックのド定番板!

REDSTER S8i
オンラインショップでさらに詳しく

REDSTER S8i
LENGTH
155/160/165
SIDECUT
115-68-101/116.5-68-102.5
118-68-104
RADIUS
11.5/12.1/12.7
総合評価0
  • キレ 0
  • 安定感 0
  • 剛性 0
  • 重量感 0
  • 操作性 0

評価値:なし
19-20モデルとの違いはボンド(接着剤)、トップシート、サイドウォールが変更になっている点。
19-20モデルよりフレックスが出しやすくなった。剛性が強いので非常に敏感さを感じる調子の良い小回り用スキー。
19-20モデルより優しくなった印象。良い意味で縦に落ちていくイメージ。
軽くて乗りやすい。2級1級を目指すかたにもってこいのスキー。

総合評価4.5
  • キレ 3.5
  • 安定感 3.5
  • 剛性 3.5
  • 重量感 3.5
  • 操作性 5

160㎝試乗
しなやかで軽い印象のスキー!
小回りが得意なモデルで、勝手にスキーがくるくると回ってくるようなスキーで小回りが苦手な方には超おすすめ!
ハードバーン、ハイスピード、強いエッジングでは少し頼りないかも!?

総合評価5
  • キレ 5
  • 安定感 3
  • 剛性 2
  • 重量感 2
  • 操作性 5

160㎝試乗
軽い!めちゃくちゃ滑りやすい!私の身長170cmで160cmのスキーはやや短いチョイスですが、サイドウォールが硬いものに変更になったのもあって少ししっかり感も出て全然大丈夫でした。
一番いい特徴は簡単に内傾角がとりやすい、すぐ倒しやすいこと。小回りが苦手ですけど、これなら小回りができちゃう。2級を目指している方に超おすすめです。

総合評価4.5
  • キレ 4
  • 安定感 4.5
  • 剛性 4
  • 重量感 3.5
  • 操作性 4

160㎝試乗
軽めで、適度なしなやかさと粘りがあるスキー。
反応もよく、自分が上達したような錯覚?に。
また、安心して身を任せれるというか、安定感があり気持ちよく滑ることができました。
軽いだけじゃ物足りなけど、楽にすべりたい、もっと上達したい。幅広い中~上級スキーヤーにおすすめできるスキー。

総合評価4
  • キレ 4
  • 安定感 4
  • 剛性 3
  • 重量感 4
  • 操作性 4

160㎝試乗
この新型20-21モデルもサイドウォール素材をより弾力性のある素材に変更されている。
乗り味はフレックスが少し硬くなったような感じはあるが、操作性を損なうレベルではなく、グリップ力がアップしたとも考えれば、確実に進化している。
もちろんダブルボンディング製法を採用しており、操作性に寄与している。年配者や体重の少ない男性はもちろん女性にオススメ。
GSビックリの高速安定性も誇るので、多くのカテゴリーの方が満足できる1本と思う。アトミックの基礎系では一番進歩した板でないだろうか。

VANTAGE 90Ti
お気軽にお問い合わせください

VANTAGE 90Ti
LENGTH
161/169/176/184
SIDECUT
124.5-90-111/126-90-112.5
127.5-90-114/129-90-115.5
RADIUS
16.5/17.6/18.4/19.5
総合評価4
  • キレ 3.5
  • 安定感 4.5
  • 剛性 3.5
  • 重量感 3
  • 操作性 4

169㎝試乗
セミファットでありながら滑走性も追及しているこのスキーは、朝一のハードバーンでも安心してかっ飛ばせる。パウダーに入っても高い浮力と走破性があり、圧雪、非圧雪両方楽しめる。

総合評価3.5
  • キレ 3.5
  • 安定感 3.5
  • 剛性 3
  • 重量感 3
  • 操作性 4

169㎝試乗
幅90mmの板ながらもオンピステでも扱い易く、フリーライドモデルの中でも滑りやすいスキー。
滑走時のバーンがカリカリのハードバーンだったため、少し板が叩かれることもあったが、どんなシーンでも持ち前の操作性でカバーすることが出来るスキー。
ディープパウダーで是非乗ってみたかった。

VANTAGE 90Ti W
お気軽にお問い合わせください

VANTAGE 90Ti W
LENGTH
SIDECUT
RADIUS
総合評価3.5
  • キレ 3
  • 安定感 3
  • 剛性 3.5
  • 重量感 3
  • 操作性 3.5

161㎝試乗
センター幅90mmの軽量レディースモデル。
軽いけれど、足元はしっかりしている印象。
乗る位置、ポジションの微妙な変化で板がばたついたり、抑えられたり。
板に慣れると色んな雪質で楽しめるスキーだと思います。

 

 

タナベスポーツWEBショップ「ATOMIC」

 

 

 

よくあるご質問

 

 

 

20-21試乗レポートTOP
2020-2021NEW MODEL 試乗レポート

 

 

 

アトミックブーツはコチラ
アトミックブーツはコチラ

 

 

 

アトミック(ATOMIC)のオススメ記事

アトミック(ATOMIC)スキー
新旧ともに在庫豊富にございます!
ぜひご来店を!!

NEWモデルスキー&OLDモデルスキー 合わせて10,000本

レーシング、デモ、フリースタイル、
あらゆるジャンルのスキーが勢ぞろい!
豊富な知識を持ったスタッフが
お客様の滑りのタイプ、
滑りのシチュエーション、ご要望を加味し、
最適なスキーをご提案させていただきます。

1F/スキー板フロアガイド